スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
間違った情報で商品を開発しても収入にはなりません
2007-01-19 Fri 21:05
情報商材を考える場合、「お金を稼ぐ」、「能力アップ」、「コンプレックスを解決」
する3つのノウハウがあるということを話しましたね。


そこで、早速商材を作りたいところですが...


情報商材のトピックの選び方や、顧客が飛びつくようなオンデマンド、
つまり市場(ユーザー、見込み客)からの要求があった商品の開発手法
について間違った情報が流れています。

たとえば、


blogrankinggreen

80-15-1.gif
「トピックを選択するにはインターネットのサーチエンジンにいくつか単語を入力してどれだけのヒットがあるかをみればよい。」

というようなことを書いたレポートや記事があります。


これは、ネタを作ることはできますが、方法としてはかなり遠回りをすることになってしまいます。


例えばグーグルなど検索エンジンに、えー、何でも良いんですが「伊勢エビ」と入れてみたとします。


すると、次から次ぎへとヒットしたページが現れます。

これは、「伊勢エビについての情報商材を買いたい人がいる」と言うことではなく、

単に「ネット上には伊勢エビについての情報がたくさんある」ということを意味するだけです。


これで、「伊勢エビ」に関する情報は手に入ります。


しかし、こういったリサーチ結果を信じ、「ヒット数が多い」ということだけで商品作りを始めると、
すでに多くの顧客を保有しているプロの販売事業者を相手に闘いを挑むことになるか、
市場もない購買者もいない物を作るために苦心することにもなりかねません。


その結果、一円にもならない商品に多くの時間をムダにすることになります。


この方法では、確かに「伊勢エビ」に関する知識は増えますが、
それだけでは、収入には結びつかないのです。


では、有効な商材開発のしかたは、ないのでしょうか?


オンデマンドな情報商材を開発するのに有効な方法はあります。


それは、ネットでサーチエンジンを使うように簡単で、すぐに結果の出るもの
ではないのですが、はるかに有効な方法があります。



blogrankinggreen

80-15-1.gif
別窓 | 情報起業 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<旬な情報を素早く入手して、タイムリーに発信する | アフィリエイトやってみると | インターネットで売れる情報>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アフィリエイトやってみると |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。