スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
売れる文章とは
2006-11-04 Sat 16:44
インターネットでの販売は、文章が中心です。

note pc


あなたがアフィリエイトしようとする商品の紹介文が
あなたのアフィリ収入をになっています。


ですから、単にリンクを貼っただけでは売れないわけです。


基本は、ブログやサイトなら1ページ1商品でこってり紹介する。
これを繰り返すわけですね。


しかし、売れる文章というのは簡単なようで難しいものです。


まずは、ちょっとしたコツをお話しますね。

blogrankinggreen
80-15-1.gif
1.あなたの視点、あなた言葉で紹介する。


同じ商品でも売れている人、売れていない人がいます。
その違いの1つとして、紹介している本人の言葉で書いているのか?
という項目があります。


あなたが使用者ならベストです。


あなたがその商品で感じたメリット。
紹介したい部分をあなたの言葉で書けばいいんです。


おしきせの文章より、確実に効果はあります。


2.売れている文章を使う


次は1番と相反しますが、売れている文章を引用する方法です。


単に文章を引用するのではなく、「売れている」という部分がポイントです。


商品を販売している本人は、どう紹介したら売れるのか?わかっています。
そして、自身のブログやメルマガで日々テストしています。


そういう文章を引用するわけですね。

でも無断借用はだめですよ!

販売者からすると、売れてくれればいいので、決して迷惑ではないと思いますが、著作権がからんだり、なにかと面倒なことになりかねませんから、一応了解をとってから、がいいと思います。


あなたの紹介文にプラスして、引用を貼り付ける。
これだけで売れるようになった方は結構おられます。
(そんな商材もありましたね・・・)


今までになかった効果が出るケースが結構あると思います。


では、ブログならこつこつ1商品1ページ。
メルマガなら1配信1商品という形でアフィリエイトを頑張ってくださいね。


継続は力なりです。

blogrankinggreen
80-15-1.gif
別窓 | アフィリエイト | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<「売れる」ための要因は? | アフィリエイトやってみると | この方法でみんなが売れば、アフィリエイトで売れない人はいなくなる。>>
この記事のコメント
情報商材のホントのところ
こうまる一太さん、こんばんわ^^ろくすです。

自分で考える良いものより、世間で良いとされるものを使ったほうがってことですね。
なかなか借用許可をもらうのも大変かもしれませんが^^;

応援ポチリっと~!
2006-11-04 Sat 22:14 | URL | ろくす@福田式は明日まで! #-[ 内容変更]
ろくすさん、こんばんは。こうまるです。

自分で売れる文章書ければ一番いいんですけどね。
売れてる商材やアフィリエイターのセールスレターやメルマガってやっぱり参考になります。
それをそのまま自分のもののように書いたらヤバイですけど、「○○さんのメルマガによると・・・」とか出典を明らかにしておけばいいんじゃないかと。
中には著作権フリーって方もいらっしゃいますけど。
基本は自分の言葉ですので、そういういいセールスレターを研究して自分のものにしていきたいと思ってます。
2006-11-05 Sun 02:53 | URL | こうまる一太 #-[ 内容変更]
勉強になります!
こうまる一太  様
こんにちはっ!!

逆から読んでも!?まさや様(笑)
です!

売れる文章!
勉強になります!
ありがとうございます!

感謝の
応援ボタン!!
2006-11-05 Sun 15:12 | URL | 逆から読んでも!?まさや様(笑) #-[ 内容変更]
まさや様、こんにちは。
そんな、たいしたこと書いてないのに、恥ずかしいです(汗)
応援ありがとうございます。
2006-11-05 Sun 15:56 | URL | こうまる一太 #-[ 内容変更]
遅くなって申し訳ありませんが、たろすけです♪

訪問ありがとうございます、お返事訪問です。

ではまた。

大々的、ランキング応援いたします・・・ポチッとな。
たろすけ
2006-11-05 Sun 17:57 | URL | 中年ニートたろすけ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アフィリエイトやってみると |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。